その他内祝い・お礼各種 of カタログギフト

【カタログギフト】20%割引通販。内祝い(お祝い返し)にお中元に!

結婚・出産内祝、お返しギフト

「お返し」と「内祝い」の意味

●お返しと内祝いは違います。

内祝いは身内でするお祝いのことで、喜び事を周囲の人々と分かち合うことが目的です。内祝いとはお祝いをいただく、いただかないにかかわらず、親しい人と共に喜びを分かち合っていただこうとするもので、宴席に招いたり、お赤飯を配ったりといったことが行われてきました。

しかし、現在ではお祝いをいただいた方に対してのお返しの意味での内祝いが一般的になっています。 お返しの品に「内祝い」と表書きすることから、このふたつは同じ意味と思われがちですが、本来は別のものです。しかし最近では、このようなこともお祝いの催促と受け取られかねないので、内祝いを配る場合は誤解を招かないように、贈る相手に気をつけましょう。

お祝いを頂く側のマナー

お祝いを頂いたら、まずはたしかに受け取りましたという意味も含めて、3日以内にお礼の電話などをするのがマナーです。また、特に改まった場合や目上の方へはお礼状を出します。

●お祝いは必ずお返ししなくてはいけないの?

お返しをするのが通例となっているのは「快気祝い」(病気見舞いのお礼)と「香典返し」のみです。あとは、お付き合いの程度や内容により異なります。しかし、お礼の言葉は必ず、電話や手紙で入れておきましょう。そして、頂いた方に今度、おめでたいことなどがあった時に忘れずにお祝いを贈ることです

●お返しの目安は?

一般的には「半返し」といって、頂いた金額の半分ぐらいをお返します。実際には半分から1/3ぐらいが多いです。また、頂いた日から10日から1ヶ月以内に贈るようにします。

喜ばれるお祝い返し、カタログギフト

内祝いは、地域やお祝いの内容によっては砂糖などの定番を贈る風習がある場合もあります。しかし最近では内祝いには、実用品を贈ることが多いです。頂いた方うれしい実用品というと、石鹸やタオルのセット、お菓子やコーヒーセットなどがあります。最近は、頂いた方が自分で好きなものを選べるカタログギフトも人気です。

挨拶状

定形の挨拶状を無料にてカタログギフトにおつけできます。

20%割引 総合カタログギフト13コース

売上実績NO.1カタログギフト「エターナルフレンズ」は全13コース、2500円~50500円コースまであります。全コース20%割引!!